ブランド品を高く売るコツについて

少しの違いで査定額が変わってしまう

誰もが一度は憧れるブランド品。
バッグや財布など、1つは持っているという人も少なくないですよね。
でも長年使っていると他のブランド品に買い替えてしまい
もう使う機会がなくなってしまった…なんてこともありますよね。
そこでお勧めするのがブランド品を
リサイクルショップで買取してもらう方法。
ここではブランド品を高く売るコツについてご紹介します。
売る時期やタイミングなど、
本当に少しの違いで査定額が変わってしまうので
コツを抑えて高額査定してもらいましょう。
・季節に合わせてブランド品を売る
リサイクルショップは買取した商品を季節に合わせて販売しています。
中には一年を通して販売できる商品もありますが、
バッグや靴、洋服の場合は季節に合わせて販売しているので、
その時期に合わせてブランド品を売る様にしましょう。
具体的には春物は3~5月、夏物は5~7月、
秋物は8~10月、冬物は11~12月頃に売却すると高価買取されやすいです。

ブランド品の袋を持つ女性

・飽きたらすぐに売却
ブランド品を売る際に重要になるのが流行です。
数年前に流行したけど、今では全く流行っていないブランド品は
高価買取りが望めません。
できるだけ流行している時期に売却した方が高価買取されやすいです。
中古市場でも人気があるブランド品で
発売して間もない商品であれば高額査定が狙えます。
特に毎年デザインが変わるトレンド性の高いブランド品の場合は
デザインが変わる前の段階で売ることをお勧めします。
・時間が経つことでプレミアが付く可能性も
基本的にブランド品は早めに売ることで
高価査定に結びつきますが、
中には時間経過とともにプレミアが付くブランド品もあります。
昔のデザインであっても著名人が身に着けていたり、
メディアに取り上げられることで再びブームになることがあります。
買取を検討しているブランド品の情報は
常に集めるようにしておきましょう。
もしかしたら思わぬ付加価値が生まれているかもしれません。
今回はブランド品を高く売るコツについてご紹介しましたが
如何でしたか?
上記3つのコツを実践することで
高価買取りを目指すことができるので
参考にしてみましょう。